思春期ニキビとは?大人ニキビとは?

ニキビには思春期ニキビと大人ニキビの2つがあります。

 

一見同じだと思いがちなこれらのニキビですが、実は原因が異なるんですよ。

 

思春期ニキビとは、10代にできるニキビのことを言います。

思春期ニキビとは?大人ニキビとは?

成長期によってホルモンバランスが乱れることで起こるニキビです。

 

思春期の頃は体を作るための成長ホルモンが多く分泌されるようになるのですが、この成長ホルモンが皮脂腺を刺激して過剰な皮脂を分泌するようになるんです。

 

その余分な皮脂が毛穴に詰まってアクネ菌のエサになりニキビができやすくなります。ホルモンのバランスが整ってくると、自然と思春期ニキビは治っていきます。

 

大人ニキビは、思春期を過ぎた後に出来るニキビのことをいいます。

思春期ニキビとは?大人ニキビとは?

大人ニキビの原因は思春期ニキビとは違い、様々な原因が元になっています。

 

例えば、過剰なストレス、睡眠不足、食生活の乱れ、飲酒や喫煙、化粧品、ホルモンなどなど…。また、ターンオーバーの乱れも原因と言われています。

 

また、思春期ニキビと大人ニキビの違いは原因だけでなく、できる場所も異なります。思春期ニキビは皮脂分泌が多いTゾーンから頬あたりまでの広範囲ににできるのが特徴。大人ニキビはというと、Uゾーンである顎やフェイスライン、首筋にかけてできます。

 

改善方法も異なり、思春期ニキビは皮脂の分泌が原因なので、肌の水分・油分バランスを適度に整えるケアが大切ですが、大人ニキビの場合はスキンケアだけでなく生活習慣全般の見直しが改善の鍵になります。

 

 

⇒ファーストクラッシュがドラッグストアにあるか調べた!